それでも、最後に相応しい日なんてないと想う。